So-net無料ブログ作成

ジェフ・ベック/エリック・クラプトンコンサートに行って来た [music]

世界初!ジェフ・ベックとエリック・クラプトンの競演!
既にジェフ・ベックの単独公演には行っている私ですが(2/7国際フォーラム)
これはやはり見逃がせない、とまたまた旦那と一緒に行ってきました。

構成は1部ジェフ・ベック、2部エリック・クラプトン、3部がジョイントでした。

ジェフ・ベックは既に単独公演がすべて終わり、今日明日のジョイントを残すのみで、
思いっきり弾けていた感じ。
2/7の単独公演より短かったけど、凄くよかった!
ベースのタルちゃん(タル・ウィルケンフェルド、女性21歳)がいいのです。
『悲しみの恋人たち』のベースソロがもう最高!
今日はタルちゃんのベースにジェフ・ベックが二人羽織のように後ろから弾いて、凄かった〜!
1部が終わってアンコールでまたジェフ・ベックが出て来たのにはビックリ!

1部と2部の間は休憩が30分弱あり。
エリック・クラプトンは最初にアンプラグドで4曲ぐらい(2曲目がレイラだった)
その後エレキギターに変えたけど、あまりしらない曲ばかりでねぇ。
クラプトンの方が長かったけど私的にはイマイチだった。
そうそう、2部が始まってすぐ、タルちゃんがPA席に!
私の座席がアリーナのPAの右横で、通路挟んだ傍にタルちゃんが来たのでビックリ!
私と同じくらいの身長だったよぉ。

2部の後休憩が入るのかと思ったら、ほとんどなく、
すぐに3部がスタート。
残念なのは、クラプトンのバンドにジェフベックが入っただけの構成だった事。
タルちゃんは出ないのね〜、残念。
それもお互いのメジャーな曲の演奏じゃなくて、
ブルースの演奏で、ちょっとイマイチだったなぁ。
ブルース好きならたまらないのかもしれないけど。
どうせなら、これでもか!というような曲をやって欲しかった。
まあ、でも概ね満足〜。


セットリストは某掲示板から


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

T-SQUARE SUPER BAND CONCERT TOUR 2008 [music]

昨日の土曜日、久しぶりに親子3人で水道橋JCBホールでの、
T-SQUARE SUPER BAND CONCERT TOUR 2008に行って来ました。

T-SQUAREは日本のフュージョンバンド。今年結成30周年。
私自身はほぼ初期からのファンで、
最近はあまりコンサートに行く事も少なくなっていますが、
88年のハワイ公演の際の追っかけツアーにまで参加した事があったりします。
旦那なそれほどコアなファンではありませんがCDはかなり持っています。
息子はフージョン系のインストゥルメンタルはあまり好きではないのですが、
前にコンサートに連れて行った事もあるので付き合ってくれました。

T-SQUARE自体は結成30周年なのですが、メンバーの入れ替わりが結構あって、
今回のツアーは新旧のメンバー9人によるスペシャルなコンサートでした。
そしてJCBホールは最終日という事でDVD用の撮影もありました。

6時15分に始まり9時過ぎまでたっぷり3時間超。
とっても堪能出来ました。
JCBホールは今年できた新しいホールですが、
エントランスのフロアが3階で、ステージは地下にある斬新なホールでした。
席は3階だったのですが、ステージまでそれほど遠くないし、
背もたれがメッシュになっていて結構座り心地のよい椅子でした。
駅からもとても近いので、私的にはかなりいいホールでした。
またこういう形式のコンサートには行きたいな。
(9月に野音があるのだけど、野音は前に雨で散々な経験があるのでパス。)

この曲だけは聞いた事がある方も多いはず。F1のテーマ曲だったヤツ。


コンサート当日のセットリストは某所から引用。
    ALL ABOUT YOU

メドレー

  LUCKY SUMMER LADY

  SHOW DANCE

  LOVE FOREVER

  ROCKOON

  IT'S MAGIC

  脚線美の誘惑

  HANK & CLIFF

  TRAVELERS

  PRIME

  OVERHEAD KICK

  GIANT SIDE STEPS

  EL MIRAGE

  ARCADIA

  DAISY FIELD

  ROMANTIC CITY

  FACES

  明日への扉

  SUNNYSIDE CRUISE

  勇者 (YUH-JA)

  SAILING THE OCEAN

  いとしのうなじ

 ANTHEM

 CALERA

 A FEEL DEEP INSIDE

 MISSIN' YOU

 EUROSTARrun into the light

 WONDERFUL DAYS

 BLUES FOR MONK

 DRUM BATTLE

 BASS BATTLE

 EXPLORER

 ISLET BEAUTY

 宝島

 TRUTH

 SAYONARA

 

-Ec.1-

 JAPANESE SOUL BROTHERS

-Ec.2-

 CAPE LIGHT

 OMENS OF LOVE




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

スキマスイッチatさいたまスーパーアリーナ [music]

好きな音楽なら、一人でどこへでもコンサートに出かけてしまう私ですが、
一度息子が好きなJ-POP系のコンサートに、息子と一緒に行ってみたいと思っていました。

たまたま、スキマスイッチのアリーナコンサートツアーの追加公演が
さいたまスーパーアリーナで行われる事を知り、息子に聞いてみたら行く!というので、
チケットを取って、今日行って来ました。

ただ私も息子もそれほどスキマスイッチに詳しい訳ではなく、

全力少年

全力少年

  • アーティスト: スキマスイッチ, GRAPEVINE
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2005/04/20
  • メディア: CD


『全力少年』が一番最初に聞いた歌かな。
あとはヒットチャートに出た、

奏

  • アーティスト: スキマスイッチ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2004/03/10
  • メディア: CD

奏や、

ボクノート

ボクノート

  • アーティスト: スキマスイッチ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/03/01
  • メディア: CD

ボクノートぐらいしか知らなかったりしています。

それでも、今日はアリーナツアーの最後という事もあって、
さいたまスーパーアリーナが満員の1万6千人の観客です。
開演時間から遅れる事15分、5時45分から始まりました。
私達の席は4階の左側、ステージは遠く、スクリーンでしか表情が見えません。
アリーナ用のバンド編成の為か、
ボーカルの大橋さんの声のマイクの音が大き過ぎて良さが生かせていない感じ。
ちょっと違和感を感じつつのステージでしたが、
弾き語りっぽい曲だとかなりイイ感じ。
MCがかなり長かったのもありますが、アンコールも含めて3時間弱。
なかなか見応えのあるステージでした。
それと、スキマスイッチの2人の観客に対する感謝の気持ちがと〜っても現れていて、
そんなに大ファンじゃない私でもジーンとしちゃう場面がありました。
なかなか良いぞ、スキマスイッチ。
また見に行ってもいいかな、と思えるコンサートでした〜!



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

心地よい音楽を聴きに(Lee Ritenour at BLUE NOTE東京) [music]

連休初日の土曜日、青山のBLUE NOTE東京へLee Ritenourのライブを聴きに行きました。
このBLUE NOTE東京は食事やお酒を飲みながら、ジャズのライブを聴ける所。
当然の事ながらお子様は出入り出来ないので、旦那と2人で行って来ました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

角松敏生の25周年コンサートwith青木智仁 [music]

【追記】6/25 AM2:00 下に追記あり

横浜アリーナです。
角松敏生の25周年コンサートです。
もうここに来るだけでくたびれちゃいました〜。多分3時間以上のコンサートになるはずです。
続きは帰ってから。

-------------------------------------------------------------------
【追記】6/25 AM2:00 
6/16の記事『ベーシスト青木智仁の冥福を祈りに』に書いたように、
初めは横浜アリーナが遠いので、行くのはやめようと思っていたコンサートでした。
しかし、このコンサートに青木智仁が出る、という話を聞いたので、
チケットを取りました。
チケット購入が遅かったので、アリーナの北スタンド席で、
ステージから一番遠い所でした。

うちに帰って撮った写真を見るまで、
青木さんのベースと遺影があることに気がつきませんでした。

セットリストは分かりません。分かり次第追記します。
6時半にコンサートが始まり、3曲目がおわった段階で、
角松がメンバー紹介をしました。
メンバーの最後に『ベース、青木智仁!』と紹介しました。
そうです、このベースの音はやっぱり青木さん。
ステージ上には他のベーシストの姿はありません。
今回のコンサートは全てのベース音源を、
青木さんが録音したものを使用したようです。

よくしゃべる角松ですが、青木さんの事を言ったのは、
このメンバー紹介の時だけ。
それ以外には何も語りません。
しかし、選曲が青木さんに捧げているのが凄くよく分かります。
チョッパーなベースの音を聞く度に、涙が流れます。
ちゃんとベースソロもあったんですよ〜。
もう、大泣きでした。

8時10分に20分の休憩が入り、まだまだコンサートは続きます。
10時半を過ぎても、まだまだ全然途中です。

終電なんて気にした事もない私ですが、
さすがに新横浜からうちまでかなり遠いので、
11時過ぎにコンサート会場を後にしました。
まだこの段階で終わる気配すらありませんでした。
そして、家にたどり着いたのは、午前1時でした。

mixiの角松コミュによると、
アンコールが始まったのが0時少し前、
アンコールが終わったのが0時半頃のようです。
最後までつきあってたら、帰れなかったので、
途中で帰ってきたのは正解のようでした。

角松はやっぱりプロだね。
しっかりステージに青木さんがいたもの。
そして、このコンサートを見る事が出来て、ホントによかった。
コレを書きながらまた涙が出てしまいました。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ベーシスト青木智仁の冥福を祈りに [music]

【追記】6/16PM11:50 下に追記あり
-------------------------------------------------------
ベーシストの青木智仁といっても、ご存知の方は少ないでしょう。
私にとっては、
大好きな角松敏生のサポートベーシストで、
角松とは切っても切れない関係のベーシストでした。


     (去年のコンサートツアーのパンフより)

その青木智仁氏が、6月12日、急性心不全で死去、享年49歳。

このニュースを知った時、とてもショックでした。
とにかく突然の死、
それとほほ同い年(生年は違うが学年が一緒)な事にも、
驚きと戸惑いを隠せません。

6/24にTOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Concertと称した
コンサートが横浜アリーナで行われます。
行きたい気もありましたが、何せうちから横浜アリーナは遠い!
なので、今回は行かないつもりでしたが、
青木智仁氏の訃報に接して、
これはやはり行かなければ、と思い直して、
今日チケットを取りました。(まだSOLD OUTではなかったので)

角松敏生本人を含めたスタッフはもちろん、
ファンにとっても青木智仁の存在はとても大きいので、
冥福を祈るとともに、同じ空間で同じ思いに浸ってこようと思っています。

合掌。

-------------------------------------------------------------------
【追記】6/16PM11:50

24日の角松敏生25周年コンサートに、青木氏が登場するそうです。
えっ、と思いましたが、角松敏生本人が
   僕が日ごろ言っているように、記録するに値する音楽をやる、
  それが、CD製作、つまりレコーディングです。
  プロツールスが、発達したおかげで青木さんのレコーディングの名演は残されています。
   24日は、そこに、青木智仁がいます。
   みなさん、彼のベースを聴きに来てくださいね!
とのコメントを出したようなので、24日は思いっきり浸ってきます。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ストーンズ東京公演(ネタバレ) [music]

【追記】3/23AM10:00セットリストを追記
【追記】3/25PM11:50 ライブ映像のリンクを追記

今東京ドームです!
これからストーンズの公演です。だんだん座席が埋まってきました。ワクワク!

-------------------------------------------------------------
【追記】3/22 PM11:50 家に戻ってから書いています。
ネタバレ画像いっぱいありなので、見たくない方はここでお帰り下さいませ。
(一応撮影・録音禁止だったので、クレームが付く可能性もあります)

続きを読む


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

STONESのチケット [music]

この記事は1/27 PM8:00に書きました。
既に先行発売は終わっています。
--------------------------------------------------------------------

ROLLING STONESの3/22・24の東京公演のチケットは、
一般発売は明日1/28からです。

     ★★.・.。.・.。.・.。.・.・.。.。.・.・.。.・.。.・.。.・.★★

        ローリング・ストーンズ東京公演
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ◇日   程: 3月22日(水)・24日(金) 開場5:00PM/開演7:00PM
      ◇会   場: 東京ドーム
      ◇席種・料金: S-17500円 A-14500円 B-12500円 C-9000円
      ◇一般発売日: 1月28日(土)10:00AM

       ★★.・.。.・.。.・.。.・.・.。.。.・.・.。.・.。.・.。.・.★★

しか〜し、実は一部で先行発売をしています。
今やっているのは、

  @ぴあメールマガジン 読者先行販売
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ■電話番号: 0570-02-9970
   ■受付期間: 1月27日(金)昼12:00 〜 11:30PM
   ■枚数制限: 4枚

で、今晩11:30まで受け付けています。
ちなみに、今日の午後7時過ぎの段階で
3/24のS席はすでに完売しています。

とりあえず3/22のS席取れちゃった〜!!
もし、チケットを取ろうと思っている方、今ならまだ間に合います。
お急ぎを!


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

DEEP PURPLEとROLLING STONES [music]

@ぴあからのメールで、
DEEP PURPLEとROLLING STONESの来日公演がある事を知りました。

この2つのバンド、どっちが好きかというと、
文句なくDEEP PURPLEなんです。
でも、今のDEEP PURPLEには、リッチー・ブラックモアとジョン・ロードがいない!
昨秋発売された『ラプチャー・オブ・ザ・ディープ』

Rapture of the Deep

Rapture of the Deep

  • アーティスト: Deep Purple
  • 出版社/メーカー: Eagle
  • 発売日: 2005/11/01
  • メディア: CD


輸入盤の方だと試聴出来るので聞いてみましたが、
う〜ん、やっぱりDEEP PURPLEを名乗っていいものかどうか。
イアン・ギラン、ステーヴ・モーズ、 ロジャー・グローヴァー、イアン・ペイス、
ドン・エイリーという現在の編成はやはり初期の雰囲気なのかも。

公演は
5月17日(水) 7:00PM メルパルクホールFUKUOKA
5月18日(木) 7:00PM 大阪厚生年金会館 ウェルシティ大阪 大ホール
5月22日(月) 7:00PM 東京国際フォーラム ホールA
料金はS-8000円 A-7500円で、
東京公演のみぴあプレリザーブで受付中です。
たぶん、昔の名曲も演奏してくれるだろうけど、私的にはパスかな。

さて、お次ぎはROLLING STONESです。
STONESについては、実はそれほどの思い入れはなかったりします。
でも、やはりずっと同じメンバーで続けている事に意義があるようです。
昨年発売された『A Bigger Bang [Bonus DVD]』

A Bigger Bang [Bonus DVD]

A Bigger Bang [Bonus DVD]

  • アーティスト: The Rolling Stones
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2005/11/22
  • メディア: CD


の試聴を聞いていると、そんなに詳しくなくても、
おお、ストーンズ!と思えてしまいます。
平均年齢は60歳を越えているのですけどね。

公演は
3月22日(水) 7:00PM 東京ドーム
3月24日(金) 7:00PM 東京ドーム
ただねぇ、料金が物凄いんですよぉ。
S-17500円 A-14500円 B-12500円 C-9000円だそうで。
QUEEN+PAUL RODGERSですら12000円だったんだけどなぁ。
さすがに超一流という事でしょうか。
このチケットは一般発売が1月28日になっています。
近々ぴあプレリザーブでも出そうですが、
チケットを入手するのは至難の業なのかしら?
チケットが取れたら行ってみようと思っています。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

QUEEN+PAUL RODGERS at SAITAMA [music]

今、さいたまアリーナにいます。これからQUEEN+ポールロジャースです。
グッズは色々あるようですが、長蛇の列で並んでいたらコンサートが始まってしまいそうなので、諦めます。
では、また後で。

--------------------------------------------------------------

さいたまアリーナでの席は2階右側でした。

ちょっとステージまで遠いけど、左右のスクリーンがあるし。

曲目は全然詳しくないので、よく分からないのだけど、

Return of the Champions

Return of the Champions

  • アーティスト: Queen, Paul Rodgers
  • 出版社/メーカー: Hollywood
  • 発売日: 2005/09/13
  • メディア: CD


だいたいがこのアルバムの曲のようです。

コンサートを聞いていて私が感じた事。
1. あまりハイトーンでない曲ならPAUL RODGERSでもそれほど違和感がない。
しかし、ハイトーンの曲がどうしてもフレディ・マーキュリーのあの声じゃないと、
クイーンの曲ではないと思ってしまう。(決してPAUL RODGERS が悪いと言っているのではない)

2. 私はクイーンも好きだけど、
もしかするとそれ以上にPAUL RODGERS が好きなのだ、と思った。
と、いうのも、今回のコンサートでは、PAUL RODGERS の持ち歌が
上記アルバムの2曲(Can't Get Enoough、All Right Now)から1曲(Bad Company)増えて
3曲になっていた。
キーボードの弾き語りから始まったBad Commpanyを聞いた時、目頭が熱くなった。
そう、私はBad Companyが大好きだったのを、改めて思い出した。
そう、Bad Company来日公演も見ている私なのだから。
ただ残念な事に、若いクイーンファンが多くて、
PAUL RODGERSの持ち歌の時に少し静かになってしまうのが可哀想だった。

Bad Company

Bad Company

  • アーティスト: Bad Company
  • 出版社/メーカー: Atco
  • 発売日: 1994/09/06
  • メディア: CD




3.  それからもう一つ。
Bohemian RhapsodyをPAUL RODGERSが歌っている時、
スクリーンにはその歌を歌っているフレディ・マーキュリーの画像が映っていて、
何故かそれを見ていて、涙が止まらなくなってしまった。
やっぱり、フレディ・マーキュリーはもういないんだ、と。

--------------------------------------------
正味2時間半以上の、内容の濃いすばらしいコンサートをありがとう。
決してあの代金は高くなかったです。
アンコールの最後のGOD SAVE THE QUEENの途中で会場を出たので、
何とかパンフレットだけは買えました。


nice!(1)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。