So-net無料ブログ作成

2014年末パラオ旅行記その1 [パラオ]

松の内過ぎましたが、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年第1弾の記事は、ゆっこ一家恒例のパラオ旅行記。その4まであります。
でも前回が2011年夏(ブログには記事にしてない)だったので、3年半ぶりです。

画像が多いので


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2104年末パラオ旅行記その2 [パラオ]

さて、パラオ2日目。
オプショナルツアーの希望を4つ、旅行会社に出して、
日にちの指定は特にしなかったのですが、
2日連続のレジャーフィッシングツアーになりました。

画像が更に多いので


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2014年末パラオ旅行記その3 [パラオ]

さてさて、3日目です。
今日はスペシャルロックアイランドツアーという、
パラオの海のいい所を網羅したオプショナルツアーです。

更に画像多いです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2014年末パラオ旅行記その4 [パラオ]

さてさて4日目は最終日。
今日はガラスマオの滝ツアーに行きます。

画像がまたまた多いので


2009パラオその4 色々考えさせられた事 [パラオ]

今回の旅行で楽しかった事を3回に渡って書きましたが、
実はとてもショックだった事があったのです。

09palau021.jpg
オプショナルツアーで、ほぼ必ず立ち寄って昼食を食べる無人島、ガルメアウス島です。
ダイビングのツアーでも立ち寄るので、パラオへ行った人はきっと1回は上陸しているはず。
私ももう数えきれないほど行っています。
ブラックチップシャークがいるのも、この島の浅瀬です。

今回行った時間がたまたま満潮だった事もあるのですが、
画像左側に木の切り株が4本海中から出ているの、分かりますか?
普通の木(マングローブは別にして)は、海水が浸る所では成長しません。
つまり、切り株のある地点は前は陸地(砂浜)だったのです。
私の知っているガルメアウス島はこんなに小さくなかった!

もちろん急に島が沈んだのではありません。
09palau024_00.jpg
これは2000年に撮影した物で、角度が全然違いますが、
上の写真で言うと4本の切り株の更に左側にガルメアウス島の看板があり、
砂地がもっと広がっています。

09palau025_05.jpg
これは2005年に撮影した物で、ちょっと分かりにくいですが、
左側陸地の上に切り株が見えます。

去年どうだったかちょっと覚えていないのですが、
急にビーチが狭くなっていて、かなりショックでした!

地球温暖化での水面上昇か?!と思ったのですが、
現地事情に詳しい人の話によると、
潮の流れがここ最近大きく変わったそうで、
今までビーチだった所の砂が大きく削られていたり、
また逆に今までビーチじゃなかった所にビーチが出来たりしているそうです。
でも潮の流れが変わるというのも、温暖化のせいかもしれません。

エルニーニョやラニーニャの影響で、水中のサンゴにも影響が出ています。
ソフトコーラル05
コレは2006年3月に撮影したソフトコーラル(骨格を持たないサンゴ)なのですが、
ここ1〜2年はこの場所に行っていません。
比較的新人っぽい日本人ガイドの女性も、行った事なないと言っていました。
海水温の影響を受け易いソフトコーラルなので、
たぶん、今はこの姿は見られなくなっているのでしょう。
(ただ、骨格のあるサンゴと違って復活すれば、割と早く成長します)

やはり、ここパラオにも温暖化の影響が現れている事を実感しました。


それと、もう一つ。これは私の反省点なのですが。
旅行はもちろん楽しむ為に行くわけです。
しかし、やはり親の責任として、パラオの違う面を息子に見せるべきだな、と。
私はもうかれこれ23年間パラオに行っていますので、
パラオがどんな所か、色々な場所に行って知っています。
中一の息子は今、総合の学習で平和について学んでいます。
パラオは第1次世界大戦後、日本の委任統治領になっていました。
パラオの元首都コロールには南洋庁が置かれていて、
現地の人にも日本語教育が行われていました。
太平洋戦争では1944年に
パラオのペリリュー島でアメリカ軍との激しい戦いがあり、玉砕しています。
でも激しい戦闘の前に現地の人を別の島に逃がし、
米軍の約1/5の人数で、米軍の2〜3日中に陥落させるつもりが、
陥落まで2ヶ月半も掛かり、徹底抗戦した日本軍に対して、
現地では日本は好意的に受け取られています。
ペリリュー島には司令部陣地や戦車等の戦跡が数多くあり、
私は既に見ているのですが、
こういう物を息子に見せるべきだな、と改めて思いました。
なので、次回はペリリュー島ツアーに参加せねば、と思いました。

これで今回の旅行レポはお終いです。

タグ:パラオ
nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009パラオその3 初体験【画像8枚】 [パラオ]

さてさて、パラオの話も3回目。今日は初体験の話をします。

私のパラオの楽しみは釣りとシュノーケリングである事はお話しました。
私としては毎日釣りでも構わないのですが、
ちょっとは違う体験をした方がいいかと思って、
『ミルキーウェイ&ロングビーチツアー』というオプショナルツアーに参加しました。




またまた画像が多いので


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009パラオその2 魚魚魚【画像13枚あり】 [パラオ]

私がパラオに行く楽しみの一つに釣りがあります。
といっても、日本では釣りはしないのですが。(笑)
パラオはダイビングのメッカであると同時に、釣りも多種多様です。
本格的トローリングやジギングなどの大物釣りもあるのですが、
私がやるのは、リーフ内の手釣りの底釣り。
これは、『レジャーフィッシングツアー』というオプショナルツアーで出来ます。
3日目と5日目にレジャーフィッシィングをしました。



画像が多いので


タグ:パラオ
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009パラオその1 ホテルがいつもと違う [パラオ]

さて、本年第1号の記事です。
昨年中は色々お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願い致します。

ゆっこ一家恒例の年末年始パラオ旅行レポその1です。
以前のパラオ旅行記事はサイドバーの『パラオ』のカテゴリーにあります。

私のブログには良く出てくる『パラオ』ですが、一般的にはマイナーな国です。
日本との時差は無し。定期直行便はありません。
しかし、JALが直行チャーター便を出しています。約4時間半。
その他には、コンチネンタル航空でグアム乗り継ぎしかありません。
直行チャーター便はあくまでも臨時便なので、
定期便の発着時間帯以外に発着します。
今回の直行チャーター便は30日午後8時45分発。
パラオのコロール着は31日午前1時15分着です。
空港到着から何だかんだ時間が掛かり、ホテル着は午前3時です。
もう着いたらすぐにバタンキューです。

09palau001.jpg
いつも泊まっているパラオ・パシフィックリゾート(PPR)が取れなかったので。
このパラオ・ロイヤル・リゾート、比較的新しいホテルです。2006年かな。
一応ニッコウ系ホテルなのですが、資本は台湾。なのでやる事がスマートじゃない。
実は今でこそプライベートビーチといえるビーチがありますが、
開業当時は酷いビーチだったのですよぉ。
09palau023.jpg
元々このホテルの海側はボートの航路になっていて、本来はビーチではありません。
強引に砂を入れてビーチにしたつもりですが、海に入れない断崖ビーチでした。(笑)
さすがにコレじゃ客を呼べないと分かったのか、
ビーチを改修し、上の画像のようなビーチになりました。(でも外側に堤防あり)

部屋の写真、撮り忘れましたが、概ね良いのですが、詰めが甘い。(笑)
折角新しいホテルなのだから、今時はウォシュレットだろうに普通のトイレだし、
洗面所の水栓もオシャレなのに、水を出すと怪しげな音がうるさい!
シャワーを掛けるフックが角度を調節出来る物なんだけど、
シャワーヘッドが重過ぎですぐ下を向く。
トイレと洗面所のドアは『バタン』と音がしないようになっているのに、
クローゼットのドアはそうなっていない。とかetc.
ベッドの掛け布団が薄手の羽毛布団なのだけど、
暑がりのゆっこ一家には、暑過ぎ。
エアコンは部屋で温度調節は出来るけど、何やら時々ガソリン臭がするし。
結構不満がたらたら出ます。
このホテルの良い点は、全朝食付き、夕食1回付きな点。
チェックアウト時にはほとんど払う必要がない事。
でもやっぱり高くても、PPRが良いなぁ。

09palau019.jpg
ツリーは綺麗でしたよ。

まだまだこの後続きます。



タグ:パラオ
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旅に出ます。良いお年を。 [パラオ]

今晩の飛行機で、恒例のパラオに飛びます。
もう何度行ったか正確には分からないくらい行っているので、
気分はすっかり里帰りです。

ただ、定宿にしていたホテルが今回は出遅れて取れなかったので、
違うホテルです。

また帰って来たら、ブログ記事を色々書く予定。
帰りは4日朝着なので、

皆様どうぞよいお年を。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パラオ2008 その4  [パラオ]

今回の旅行で、前回とかなり違っていた点があったので、お役立ちメモとして書いておくのと、
最後に子供たちの話を。

1. 外貨両替について

ホテルやレストラン、オプショナルツアー代金等、パラオでもほとんどがカード支払い出来ますが、
空港税やオプショナルツアーで必要な許可証(ほとんど税金)代など、現金も少しは必要です。
出発空港で両替も可能ですが、出国ラッシュの日だと、両替の混雑状況が読めないので、
今までは最寄りの銀行で両替をしていました。
(パラオでもホテル等での両替は可能ですが、レートが異常に高い。)
しかし、今回銀行に両替に行ったら、現在はその支店では外貨両替はしていない、
と言われ、ガ〜ン!
都心の支店に両替を集中したのだそうです。
どうしようか、と思ってネットで調べたら、『外貨宅配』っていうのがあるのです!
私はマネーポートで申し込みましたが、
他にも三井住友銀行 でもやっているようです。
ネットで申し込みをすると、代金引き換えで宅配してくれるのです。
ある程度金額以上だと、代引き手数料も無料で、早ければ翌日に配達してくれます。
これはとても便利でしたので、外貨両替をなさる方にはお勧めです。

2. 液体物持ち込み制限
平成18年夏の「英国での航空機爆破テロ未遂事件」のおかげで、
手荷物の中に液体物を持ち込むのに、制限がかけられるようになっています。
詳細は国際線の航空機内への液体物持込制限の導入についてをご覧下さい。
あらゆる液体物は100ml以下の容器に入れ、
容量1リットル以下のジプロック等に入れなければなりません。
行きは事前にキチンと準備をしたので、さほど問題はなかったのですが、
帰りはホテルロビー集合が午前2時20分で、機内受託のスーツケースは、
午前1時までに部屋の外に出しておかなければなりません。
スーツケースに入れ忘れた物等があると、パラオの空港の手荷物検査で引っ掛かってしまいます。
(パラオの空港では全員の手荷物を全部開けてくわし〜くチェックされるのです。)
私も実は手荷物の中のミニ薬箱に、消毒薬と虫除けスプレーを小さいスプレー瓶が入っていました。
(行きはそれらもジプロックに入れておいたのですが、
帰りはジプロックをスーツケースにしまってしまった)
一度は没収されかかったのですが、横にいた検査員のおじさんが、
中身は何か、と聞くので、消毒薬の英語が出て来なくて
(和英によるとdisinfectantまたはantiseptic)、
虫除けはanti-insectとしか思いつかなくて(和英でひいたらinsect repellentと書いてあった)、
そう言っても通じず、どうしようと思っていたら、
おじさんが肌に塗るジェスチャーをしたので(化粧水?)、
思わずyes!と言って没収されずに済みました。
やはり手荷物には予備のジプロックを入れておいた方がよさそうです。

--------------------------------------------------------------------------


右端が息子で4才の時の写真です。
他の2人は現地で旅行者をやっている日本人のTさんの子供達。
うちの息子より1才上と2才上。こんな小さい時から友達です。

その子たちがもうこんなに大きくなってしまいました。

左端が息子です。小6。Tさんの子供たちは中2と中3。
Tさんご夫妻と私たち夫婦も仲良く、家族ぐるみでおつきあいさせてもらっています。

これからも私達家族のパラオ旅行はまだまだ続けるつもりです。
癒しを求めて。パラオは私達にとって、第2の故郷なのですから。









nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。