So-net無料ブログ作成
検索選択

2014年末パラオ旅行記その3 [パラオ]

さてさて、3日目です。
今日はスペシャルロックアイランドツアーという、
パラオの海のいい所を網羅したオプショナルツアーです。

14palau43.jpg
まず最初に向かったのは、ミルキーウエイという場所。
ココは島が重なって波風が静かな入り江。
普通のパラオの海は透明ですが、ココは乳白色です。
隆起サンゴの島が長い年月をかけて浸食され、海底に石灰質の泥となって沈殿しています。
微生物の発酵も関係しているとか。
その真っ白な泥、美白や美容効果ありだそうで、日本のメーカーが、化粧品として商品化しています。
なので、ココへ行くと、全身泥パックをするんです。(船の上で)
14palau44.jpg
で、ドボンと海に浸かって泥を洗い流します。
確かにお肌すべすべになるんです。

次に向かったのは、(名前忘れた)シュノーケルポイント。
14palau45.jpg
紫のサンゴはとても立派。

14palau46.jpg
ノウサンゴの上にテーブルサンゴの小さいヤツ。
そしてそこをテリトリーにしている小さいコバルトスズメ。


14palau47.jpg
ノウサンゴにイソギンチャクがいて、そこにクマノミが!
と、そこそこ楽しめたシュノーケルポイントでした。

さて、次はロングビーチへ向かいます。
この写真は、ツアー会社のサイトに出ていたものなのですが、
14palau79.jpg
引き潮の時に隣の島まで、歩いて行けるビーチが出現するのです。
ただし、いつでも出現する訳ではなくて、
昼間行く時間帯に引き潮であって、且つ満月かそれに近くないと、
このようにロングビーチにはなりません。
事前にパラオの潮見表を見て、この日は無理な事は分かっていました。

なので、とりあえず、島に上陸。
14palau48.jpg
ケムルベアー島です。
ハマヒルガオでしょうか?
14palau49.jpg

で、昼食を食べてから、ジャーマンチャネルへ向かいます。
14palau50.jpg
ジャーマンチャネルとは、日本統治以前にドイツが統治していた時代に、
大きい船が通れるよう、環礁を掘削して作られた水路の事で、
マンタ(オニイトマキエイ)の通り道だったりしています。
まあ、とにかく、海の色がキレイな場所です。

更にジェリーフィッシュレイクへ向かいます。

ジェリーフィッシュレイクは文字通りクラゲの湖。
クラゲはタコクラゲという種類で、
島の真ん中にある湖が、底の方で海に繋がっているという状況です。
天敵がいないので、毒性はほとんどなくなっています。
光合成をする為に深い所から湧き上がってくるタコクラゲ。
14palau51.jpg

ちょっとアップが、
14palau52.jpg

ガイドさんに教わった、
『防水カメラをクラゲの下に置き、空に向かってシャッターを切ると、いい写真が撮れますよ。』と。
試してみました。
14palau53.jpg
空飛ぶクラゲ!
もう一つ。
14palau54.jpg
水深50cmくらいです。雲までハッキリと。
いい事教えてくれてありがとう!

ミルキーウエイ・ロングビーチ・ジェリーフッシュレイクと、
3大見所を押さえた、スペシャルロックアイランドツアーでした。

14palau55.jpg
ホテルに帰ると、やっと3日目にして、夕焼けが。
ちょっとまだ雲が多いですけどね。

その4に続く



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。