So-net無料ブログ作成
検索選択

今更ながら『ブレイブストーリー』を見て、後悔【ネタバレを含む】 [その他の趣味]

私は宮部みゆきが好きです。
ブレイブストーリー映画化されると聞いて、先に文庫本を読みました。

ブレイブ・ストーリー (上)

ブレイブ・ストーリー (上)


ブレイブ・ストーリー (中)

ブレイブ・ストーリー (中)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/23
  • メディア: 文庫


ブレイブ・ストーリー (下)

ブレイブ・ストーリー (下)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/05/23
  • メディア: 文庫




最初、主人公の亘が小学5年生だと知って、うちの小5の息子にも読ませようと思っていました。
しかし、文庫本3冊はかなり量的にも多いです。
ちょっと読んでみたようですが、漢字が多くて理解するのが難しいようでした。
特に上巻は、主人公亘の現世の状況説明なのですが、漢字が多すぎてギブアップ。
中巻でやっと(正確には上巻の最後の方から)、玄界(ヴィジョン)の話になり、
亘がワタルになり、ちょっとだけ理解したようですが、やはり読破は無理のようでした。
息子より先行して私が読んだのですが、やはり内容的にも、
単に主人公が小学5年生というだけで、子供には理解するのが難しい内容である事が分かりました。

なのでとりあえず、映画を見たらそのうち読む気になってくれるかなぁ、と今日映画を見に行きましたが、
私的には許せない作品でした。
原作とは全然別の物になっています。あれなら子供向きです。
そう、お子様アニメになってしまっていました〜。



たとえば、亘のお父さん。彼は別の女性と暮らす為に亘と妻を捨てて、出て行きます。
亘の目からみると、ひどいお父さんです。映画の中ではこれしか描かれていません。
しかし、原作にはもっと深い根が描かれているのです。
お父さんは昔、その別の女性と付き合っていて、結婚するはずだった。
しかし、亘のお母さんが『妊娠した』と嘘をついて、お父さんは責任を取って結婚した。
しかし、それが嘘であった事が後でわかった。
そして最近その女性と再会し、亘のお母さんと結婚した事を後悔し、家を出る決意をする。
これらの事、亘自身が理解する事はとても難しく、同様にうちの息子も理解出来ないでしょう。
お子様アニメにする為に、この部分は省かれています。

また、現世での登場人物も随分省かれています。
亘の伯父さん(亘の父の兄)や、謎の少女の正体など。
これらも、原作ではとても重要なはずなのに、伯父さんは全く出てこないし、
謎の少女はただの謎の少女だし。

玄界(ヴィジョン)での省略、改変もた〜くさんあり過ぎて、悲しくなってしまう。
ハイランダー隊長のカッツは最後まで生き残らない。
ドラゴンのジョゾは小さすぎてまるでペット、でも原作では亘がジョゾに乗るのです。
物語の根本である千年に一度の”大いなる光の境界”の作り直しの事にも触れていない。
宮部みゆきは、
『現世や玄界においての不条理を、立ち向かうのではなく、受容する事が大事な事だ』と謂わんとしているのに、
それらを悉く省いているので、本質が異なったものになってしまっています。

このブレイブストーリーをアニメにするなら、2時間ほどの劇場用にするのではなく、
毎週放映される長編アニメにでもして、もっと原作に沿って作って欲しかった。

子供には読むのはちょっと難しいかもしれないけど、
出来ればやはり映画ではなく、原作を読んで欲しい、と心の底から思いました。
映画は来年TVで放送されるのを待ってもいいかも。
DVDを買うほどでもない、と感じました。


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 11

susshie

オラはブレイブストーリー読んで(見て)いないので、わかりませんけど
原作読んでから映画見るとガッカリする事ってよくありますよね。
なので、オラなんかは気になる映画と原作がある場合はたいてい映画を先に見てから原作読むパターンです。
逆に原作をすでに読んでて好きな作品が映画化されたりする時なんかは映画は見なかったりします。。。ガッカリしたくないから(笑)
by susshie (2006-08-30 13:10) 

ベンジャミン

一瞬メルギブソンの飲酒運転の事で怒ってはるのかなと思ったらあれは「ブレイブハート」でしたね(o_ _)oパタッ
原作は読みましたがちとハードですね…亘の父が不倫相手の女性と暮らすために離婚~一家心中~…これはリアルですがリアルすぎてダメだったのでしょう。

映画と原作は別物として捉えるべきだと思います。主に尺の問題だと思いますが短編を膨らませる方向でない限り物理的に無理だと思います。
たまたま券を貰ったので見に行った「DEATH NOTE」…これなんか原作と比べたりしたら…ねぇ(^^;)。もうむしろFBI捜査官役の細川茂樹が鬼に変身してバッタバッタと敵を倒してくれた方がまだ(._+)☆\(▼▼メ)バシッ

自腹で見た「日本沈没」…もちろん子供の頃原作も前作映画も見ましたが…これはかなり良かったです。今作は原作とはまったく違った物になっていましたがここまで改編した樋口真嗣をむしろ褒めるべきかと(笑)
by ベンジャミン (2006-08-30 14:46) 

smoky

小説にせよ漫画にせよ映像化された時点で原作でなく原案として見ています。
別物として見ないと耐えられない・・・それが好きな作家さんだった場合は特に^_^;
by smoky (2006-08-30 16:16) 

ゆっこ

susshieさんへ
基本的には読書好きで、映画好きではないのですが、息子が旦那似で映画好きなのです。
特に大好きな宮部みゆき原作だったので、ガッカリ度が最大でした〜。
映画を見てから読めば良かったのか〜。
ブレイブストーリーより、ポケモンの方が下手な原作がない分、単純に楽しめましたよぉ。

ベンジャさんへ
たぶん、最初から映画化は大人も見られるお子様アニメを目指していたんだと思います。
だから、リアル過ぎるのや、理解しにくい不条理さなどを最初から省いたのでしょう。
原作が長いのも、まあ2時間で納めるには無理があるのでしょうが。
これだけストーリーを変更しているのなら、原案として現世と玄界が存在する設定で全く別な主人公にでも登場して欲しかったと思っています。

smokyさんへ
そう割り切って見ればよかったのでしょうが、何せ大好きな宮部みゆきの原作だったので、本当に悲しくなりました〜。
でも、息子は楽しかったと言っているので、それがせめてもの救いかも。
by ゆっこ (2006-08-30 22:05) 

Keiko

私も宮部みゆきさんは好きです。
でも、何となくアニメとしてまで見る必要はないかな、とは思ってました。どうしてもアニメにすると、表面的にわかりやすく楽しく出来れば批判が起こらないようにというような感じで当たりさわりなく作る気がして、別物として考えなくてはいけないんですよね。
私は原作で好きだったものがアニメになったときも、最初こそ抵抗がありましたが、全くの別物、と考えて見るようになってからは、それはそれで面白いとも考えられました。のちのち、原作者が『何故アニメになんかしたのか、と詰問調の(ファンからの)手紙をもらったが、この年令(原作者は高齢です)になるとアニメになったらどんな感じになるのか見てみたくなったからなのです。』と書いていて、ご本人も別物のアニメを楽しんでいるのだ、とわかって嬉しくなりました。
同じ思いでアニメにしてくれる監督もいれば、脚色して全然別のものとして世に出す監督もいるってことですよね。
by Keiko (2006-08-31 15:56) 

ゆっこ

Keikoさんへ
皆さん、同じように考えられているんですね。私が子供なのか?!
宮部みゆきさんの原作と言えば、模倣犯がSMAPの中居君主演で映画になりましたね。
あれも映画は見なかったですが、酷評されていましたものね。
宮部みゆきの世界を映像化する事は難しいのかもしれません。
原作物の映画化は慎重にまた別物と思って見るようにします。
by ゆっこ (2006-09-01 23:07) 

パキ

ちょうど、原作を読み終えました。
キ・キーマとの別れのシーンで目頭が熱くなり、通勤電車で誤魔化すために大あくびをしました。個人的にはあと1巻増やしてでも、ミツル側のストーリも読みたかったです。

『黄泉がえり』は小説の映像化で成功した例かなぁなんて思っています。
by パキ (2006-09-02 14:16) 

ゆっこ

パキさんへ
私はそのシーンだけじゃなく、至る所で泣きまくりです。とても通勤電車では読めないだろうと思います。(通勤もしていないけど)
『黄泉がえり』映画も小説も見ていませんが、映像化してよくなる物もあるのですね。
nice!をありがとうございます!
by ゆっこ (2006-09-03 00:51) 

momo

実は「ブレイブ・ストーリー」は小説も映画も見ていないのです。(^^;
宮部みゆきさんの小説って、ものすごく設定が細かくて、
緻密に緻密に伏線をはって、最後はあっけなく終わるというパターンが
多いですよね。
「そこまで細かい設定を作ったなら、最後ももうちょっと頑張ってくれ!」
という感じで。(^^;
でも、その細かい設定と情報量が2時間の映画には
確実に無理なんだろうと思います。
パキさんの書かれている「黄泉がえり」や、「世界の中心で愛を叫ぶ」は
原作の世界自体が非常に自由度が高いので
映画化するときにいろいろなサイドストーリーを盛り込むことが可能で、
それが成功につながっている気がします。
とくに「」世界の中心で愛を叫ぶ」なんかは
私は原作を1時間で読み終わってしまって、
「で? だからどうなのよ?」と全く泣けませんでしたから。(^^;
だから、同じ小説でも、映画向きなものと、そうでないものがある気がします。
「ゲド戦記」は見ようかどうしようか思案中。
もともと「ゲド戦記」は大好きなファンタジーだったけど、
映画では2つの話が1つに合わさってますよね?
そのあたりで混乱しそうで二の足を踏んでいるのです。。。
by momo (2006-09-03 13:39) 

ゆっこ

momoさんへ
宮部みゆきの作品は確かに細かい設定があって、淡々としながら読者を引き込んでいくものなので、2時間の映画にするには無理があると思います。
出来れば、TVアニメで半年〜1年かけてじっくりやってくれるといいのだけど。でもフジTVじゃ無理そうだなぁ。NHKならコマーシャルなしのじっくりアニメが出来そうですが、これはフジがらみですからねぇ。
ゲド戦記は試写会を見たので、感想を7/10の記事http://blog.so-net.ne.jp/yukko/2006-07-10に書いていますが、原作をお読みになっているのなら、映画は見ない方がいいと思います。ブレイブストーリー以上に見てつまらないと思いましたから。
by ゆっこ (2006-09-03 22:09) 

せい

ほんとに、原作見てしまうと映画の出来にはがっかりですね‥子供向けに作るくらいならそもそも手をつけてはいけない作品でしょうに。
by せい (2016-06-15 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。